【Yahoo!ショッピングに出店したが審査が通らないという方のチェックポイント】EWORKS株式会社の情報強者になるブログ

EWORKS株式会社の情報強者になるブログ

こんにちは。EWORKS株式会社の新川です。

最近、Yahoo!ショッピングの出店審査が通らないという、ご相談を多くいただいております。

弊社も、物販事業の一環でYahoo!ショッピングに申し込みをしており、最近、二店舗目も出店しましたが、問題なく、審査は通りました。

また、※1 弊社がコンサルタントをさせていただいている企業様の出店代行も担当させていただいておりますが、そちらもすべて審査は通っております。

※1 コンサルタントの年契約をさせていただいているお客様となります。出店代行単体でのご依頼は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

実際、Yahoo!ショッピングの出店に関して、審査結果の具体的な内容や審査基準については公開されておりません。

しかし、審査が通らなかった事業者の共通点や、再申請で通った事例、また他モールの出店基準などを元に、ある程度、弊社でも審査NGの考察を進めております。

そこで今回は、番外編として、Yahoo!ショッピングに出店する際の、チェックポイントを挙げさせていただきます。

審査が通らなかったという方は、ぜひ参考にしてみてください。

※こちらのチェックポイントは、随時、修正・加筆していきます。

Yahoo!ショッピング出店の審査・チェックポイント

出品予定商材情報について

審査の際に「出品予定商材情報」を記載する項目があります。

先日、出店関係の方とお話をさせていただいたのですが、こちらで、何かしらの項目に「はい」が入っている事業主が審査で落とされる確率が高いようです。

特に、ブランド品は、Yahoo!ショッピング内でとても多く販売されており、価格競争や偽物などが出回ってしまっているため、現状、審査を通すのはかなり厳しいとのことです。

こちらは、審査で落とされる際のチェックポイントとみて、間違いないでしょう。

※2018年の5月31日予定
Yahoo!ショッピングですが、運用ガイドラインに改定があり、象牙製品等について販売可否の審査が入ることになったようです。

改定後は「象牙の原材料(カットピース、端材、印材等)、象牙製品(製品の一部に象牙が用いられているものも含みます)」まで審査の対象が広がります。

こちらの商材を取り扱っている、または取り扱う予定の方は、ご注意ください。

他の出店経路にて問題がある

Yahoo!ショッピングは、無料化により、多くの店舗が出店しています。

当然ですが、そのなかには問題がある店舗もあり、そのような店舗に対するクレームなども含め、担当者も苦労しているというお話を伺ったことがあります。

そうした状況も踏まえ、現在は、より審査を強めている可能性があります。

具体的には「Yahoo!ショッピング以外の出店状況での販売実績」が審査項目になっている恐れもあるでしょう。

例えば、楽天市場やAmazon、ヤフオクなどに出店しており、そこで何かしらの問題を起こしてしまったり、低い評価を受けたりしていると、審査に影響する可能性があります。

Yahoo!ショッピングからの本人確認の電話に出ない

出店審査の一環として、Yahoo!ショッピングから本人確認の電話がかかってくることがあります。

こちらの電話に出ないと、出店審査に落とされてしまいますので、Yahoo!ショッピングからの電話は取るようにしてください。

出店店舗の制限(未確認)

新規出店ではないのですが、Yahoo!ショッピングの出店について、三店舗までは審査に通り、四店舗目から審査に通らなくなったとの情報があります。

同一法人や同一人物に出店店舗数の制限があるか、もしくは、四店舗目を出店する場合、売上や運営年数などのクリアするべき項目があるかもしれません。

Yahoo!ショッピング内にて複数店舗を出店しようとしている方は気をつけてください。

Yahoo!ショッピングの出店について

近年、どこのECモールも出店に対して審査が厳しくなってきています。

Yahoo!ショッピングは日本最大数の店舗数を誇るまでになりました。
出店店舗を集めるという当初の目的を果たし、今後は、出店店舗の絞り込みをしていく恐れもあるでしょう。

もし出店をご検討の方は、審査がさらに厳しくなる前に、出店を検討した方が良いかと思います。

今回も、お読みいただき、ありがとうございました。

EWORKS株式会社
新川 達朗

投稿者プロフィール

新川 達朗
新川 達朗EWORKS株式会社 取締役
【茨城県観光物産協会ECサイト運営&アドバイザー】
【eスポーツ事業運営責任者】
【日本Web大賞!受賞】

WEBデザイン&プログラミング・コンサルタント・取材執筆・アプリ・動画作成・営業などなど。
必要であれば、何でもやります。
経験や知識は重要。人間力は、もっと重要。

関連記事

  1. 【現役WEBマーケターがブログだけで教える】Amazon.comから、…

  2. 【ネットショップのプロが教える】「自社ドメインサイト」と「ECショッピ…

  3. 【なぜ販路拡大が必要なのか】EWORKS株式会社の情報強者になるブログ…

  4. 【プロも実践・Web集客&売上向上シリーズ】メリットだらけの…

  5. Yahoo!ショッピング

    本日は「Yahoo!JAPAN」本社に行ってきました!

  6. 物を売るための「ランディングページ」