【海外販売・販路拡大の大本命?】世界シェアNo.1「shopify(ショッピファイ)」について「01」 – EWORKS株式会社の情報強者になるブログ

EWORKS株式会社の情報強者になるブログ

こんにちは。EWORKS株式会社の新川です。

今回は、リクエストをいただいたため、最近、国内でも注目度が高まってきている、ECプラットフォームサービス「Shopify(ショッピファイ)」についての情報をシェアさせていただこうと思います。

「Shopify(ショッピファイ)」とは、世界シェアNo.1シェアを誇る「ECプラットフォームサービス(ECサイト運用のシステム)」です。

「Shopify(ショッピファイ)」は、すでに世界175か国で利用されており、流通高では、「楽天市場」の2.5倍に達し、今後、より一層、成長していくと思われます。

導入実績ですが、Budweiser(バドワイザー)、Nestle(ネスレ)、P&G(ピーアンドジー)、RedBull(レッドブル)などの大企業が採用しており、信頼感は抜群と言えるでしょう。

「Shopify(ショッピファイ)」は、特に海外販売に強く、国外に商品を販売する「越境EC」の大本命として、期待が高まっています。

国内でも利用案件が増え続けている、世界水準で対応できるECプラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」。

今後、より一層、注目度が高まる可能性のある「Shopify(ショッピファイ)」について、本ブログでも、継続して情報をお伝えさせていただければと思います。

海外販売については、まだまだ巨大な可能性が眠っています。

特に、値引き競争など国内のレッドオーシャンで戦っている店舗様については、競合の存在しないブルーオーシャンで一人勝ちできるチャンスを掴めるかもしれません。

先行者利益を獲得するため、ぜひ参考にしていただけますと幸いです。

「Shopify(ショッピファイ)」について

「Shopify(ショッピファイ)」とは、世界中で利用されているECカートサービスです。

前ブログにて「自社ドメインサイト」「ECショッピングモール」について触れさせていただきましたが、こちらは「自社ドメインサイト」のカテゴリーとなります。


記事:「自社ドメインサイト」と「ECショッピングモール」どちらをやるべきなのか

「自社ドメインサイト」は、通常「楽天市場」や「Amazon」などとは違い、サイトの制作だけではなく、カートシステムも自分で導入しなければなりません。

その際、システム会社が提供している「ECレンタルカートシステム」を利用するか、もしくは「EC-CUBE」などのオープンソースCMSのソフトウェアを使用するのが一般的です。

(上記の「ECレンタルカート」と「オープンソースのCMSソフトウェア」では、月額の費用が発生する、または構築のハードルが高いなどの差があります)

「Shopify(ショッピファイ)」は、上記の「ECレンタルカートシステム」のカテゴリーとなります。

ですので、利用するには別途、料金が発生します。ただし、費用は他の「ECレンタルカートシステム」と同等、もしくはそれ以下の金額で利用が可能です。

「Shopify(ショッピファイ)」の基本料金

2018年6月現在、一般的な機能を備えている「BasicShopifyプラン」では、29ドル(執筆時点での為替で3,200円前後)です。

その他にも「Shopifyプラン」=79ドル(執筆時点での為替で8,600円前後)。

「Advanced Shopifyプラン」=299ドル(執筆時点での為替で33,000円前後)。

と、上位プランが用意されており、プランが上がるごとにクレジット手数料や、利用できる機能に差があります。

「Shopify(ショッピファイ)の機能について

「Shopify(ショッピファイ)の基本的な機能を見ていきましょう。

・商品数=無制限
・ファイルストレージ=無制限
・24時間体制のサポート
・不正分析
・手動で注文作成
・ディスカウントコード
・ウェブサイト&ブログ
・カゴ落ち対策
・無料SSL証明書

上記は、基本的なプランである「BasicShopifyプラン」にも実装されています。

また、

・100以上のテンプレート
・独自ドメイン設定
・モバイル・タブレットに自動対応

などが標準で用意されています。

「Shopify(ショッピファイ)の機能について

Shopify(ショッピファイ)は、ネットショップの構築、運営に関する基本的な機能から、より高度なマーケティング機能まで実装しています。

全体的な機能面を見ても、多言語対応や、世界中の決済方法を導入できたり、他のECカートシステムと比べ、やはり海外対応に強い印象があります。

現状、海外販売(越境EC)を検討されている方は、Shopify(ショッピファイ)は、まず第一に検討するべきシステムになると思います。

また、Shopify(ショッピファイ)は、WordPressなどのブログ作成サービスや、サイトなどで商品の購入ボタンを挿入できる機能や、フェイスブックやメッセンジャーなどでもショッピングカートへ誘導し、購入できる連携機能も用意されています。

また、AmazonやeBayのマーケットプレイスでの販売、実店舗(POSをECと統合)などの複数の販売チャネルを持つネットショップの作成・運営管理を行うこともできます。

拡張・連携力の高さなど、より多くの購入の機会を作れるのは、Shopify(ショッピファイ)ならではとも言えます。

今回のまとめ

今回は、Shopify(ショッピファイ)の基本的な情報をシェアさせていただきました。

Shopify(ショッピファイ)は海外での実績も豊富で、日本国内と海外販売(越境EC)どちらにも対応することが可能です。

導入コストも低く、コストパフォーマンスが高いので、海外販売も視野に入れた「自社ドメインサイト」の運営を検討している方には、おすすめのシステムとなります。

もちろん、国内向けの自社ECサイトは別に作成し、海外販売はShopify(ショッピファイ)を利用するということも可能です。

現在、弊社も、Shopify(ショッピファイ)を利用したサイトを運営しておりますので、引き続き、本シリーズ内にて、運営状況など、情報を共有させていただければと思います。

今回も、お読みいただき、ありがとうございました。

EWORKS株式会社
新川 達朗

関連記事

  1. 【売れている店舗の共通点】ECサイト(ネットショップ)で売上を伸ばすた…

  2. 【ネットショップのプロが教える】「自社ドメインサイト」と「ECショッピ…

  3. 【プロも実践・Web集客&売上向上シリーズ】メリットだらけの…

  4. Yahoo!ショッピング

    本日は「Yahoo!JAPAN」本社に行ってきました!

  5. 物を売るための「ランディングページ」

  6. 限定公開記事【Yahoo!でブランド品を出品する!】