1. HOME
  2. 特集
  3. 【eスポーツの初心者が無謀にも大会に出場してきました!】- サッカーゲーム「ウイニングイレブン」挑戦編 –

SPECIAL

特集

【eスポーツの初心者が無謀にも大会に出場してきました!】- サッカーゲーム「ウイニングイレブン」挑戦編 –

こんにちは。EWORKS株式会社「eスポーツ事業部」および「esports Japan」運営責任者の鴉(からす)大先生です。

先日に行われた、茨城県守谷市のeスポーツの大会に、弊社のeスポーツチームも参加してきました^^

競技タイトルは、サッカーゲームの金字塔「ウイニングイレブン」。

大会ルールは、三人一組で出場するのが基本ルール。5分ハーフで勝敗が競われます。

メンバーは、リーダーの「沼田(デルタ)」、「新垣(アストラナガン)」そして、「沼田(デルタ)」の友人である、社外からの助っ人「でっち」。

「でっち」以外は、サッカーゲーム未経験の、ほぼ初心者という、無謀な挑戦。

しかし、頼みの綱である「でっち」は、東京在住のため、全体練習には参加できず。

また、社内での事前練習では、「沼田(デルタ)」、、「新垣(アストラナガン)」の混合チームは、「弊社代表と、現場のチーフリーダー(プレイヤーネーム・ジャッカル)」から、一点も取ることができないという、圧倒的に不安な中で大会本番を迎えることに。

果たして結果はどうなったのか。奇跡は起こったのか・・・?

eスポーツ初参加
画像:eスポーツの大会に初心者ながら初参加

本記事では、記念すべきデビュー戦のレポート、そして、初心者がeスポーツの大会に出場した熱戦の記録を、お伝えします!

eスポーツ初心者が、eスポーツ大会を通じ、どこまで成長していけるのか。

成長物語的な要素も強引に入れ込みつつ、等身大の彼らをレポートします。

それでは、よろしくお願いいたします。

【eスポーツ初心者の挑戦- 無謀な大会挑戦編 -】 esports大会レポート

・・・初戦開始まで「10分前」

沼田 和哲沼田 和哲(デルタ)

・・・。いや、え〜? 三人目のメンバーの「でっち」が来ないんですけど〜・・・!(汗)

新垣 M 健晴(アストラナガン)新垣 M 健晴(アストラナガン)

ウソですよね!? 沼田パイセン。 試合まで、あと10分しかないですよ・・・!

でっちさんと、連絡は取れないんですか?

沼田 和哲沼田 和哲(デルタ)

いや、実は、今日、スマホ忘れちゃって・・・。

ああ〜! 朝、のんびりとシリアルなんて食べなければよかったな〜・・・。

試合時間まで、残り10分にも関わらず、メンバーの一人が足りないという、オープニングから波乱の幕開け。

このままでは、そもそも試合にすら出られない。

なんのために、休日に早起きをし、水戸から高速を飛ばして、ここまでやって来たのか・・・!

そして、応援担当なのに、なぜか一番緊張し、二時間しか眠れなかった「女子チーム・マネージャー」の苦労はなんだったのか・・・!

ドラゴンボールで地球を侵略に来たベジータ戦の最中、ことごとく仲間が倒れていき、悟空の到着を渇望するクリリンを彷彿とするかのごとく、「でっち早く来てくれ〜!!」と叫ぶ、沼田パイセンと新垣氏。

・・・そして、待望の瞬間は訪れた。

救世主「でっち」の到着

沼田 和哲沼田 和哲(デルタ)

いや〜。よかった、よかった。ホント「でっち」が間に合って、よかったよ〜。

新垣 M 健晴(アストラナガン)新垣 M 健晴(アストラナガン)

よかったですね、パイセン! これで試合に参加できますよ!(⌒-⌒)

絶望的な状況での「でっち」の到着。喜ぶメンバーたち。

しかし、勝負は、まだ始まってもいない。ここで浮かれるのは、早すぎる。

頼りになる男「でっち」が合流
画像:頼りになる男「でっち」が合流

そうこうしているうちに、着々と試合の準備は進む。

そして・・・!

運命の瞬間が訪れた・・・と、思いきや、まさかのルール変更のお知らせ。

アクシデント

沼田 和哲沼田 和哲(デルタ)

・・・。え? ネットワークトラブルのため、3対3はなくなって、2対2と、1対1の変則マッチに変更〜!?

え〜? なにそれ〜!

新垣 M 健晴(アストラナガン)新垣 M 健晴(アストラナガン)

え〜!? いや、ひたすら経験者の「でっち」さんにボールを集めて奇跡を待つ、って作戦はどうなるんですか〜!?

突然の大会仕様の変更。

戸惑いながらも、しかし、試合の時間は迫る。

結局、沼田パイセンと新垣氏でチームを組み、でっちは、個人戦へと臨むことに。

・・・そして、ついに運命のキックオフ!

動画を撮る予定でしたが、屋外に設置されたモニターのため画面が反射し、ほとんど見えなかったため、ダイジェスト文字にてお送りします。

光ってて見えない・・・
画像:光ってて見えない・・・

前半戦

キックオフ!

明らかに緊張しているチーム「EWORKS」! パスがうまく繋がらないのはいつものこと!

おっと、出た! パスが苦手な新垣氏、やぶれかぶれのディフェンスラインからのドリブル! あっさりカットされ、一気にピンチ!

怒涛の猛攻。ほとんど、前線に進めず・・・そして、前半終了!

前半戦は同点。これはいい結果と受け取るべきか。

息つく間もなく、後半のキックオフ!

後半戦

さらに、怒涛の猛攻。EWORKSチームのパスが、ほとんど繋がらない!

・・・そして。ついに、失点。その後、緊張の糸が切れたのか、失点を重ねる、沼田パイセンと新垣氏。

実況のジョンカビラの高らかな叫び声。北澤氏の冷静な解説・・・。

試合終了・・・。3対0の完敗・・・!

試合終了後

沼田 和哲沼田 和哲(デルタ)

負けた〜! 「でっち」は、1対1の接戦だったのに〜・・・。

新垣 M 健晴(アストラナガン)新垣 M 健晴(アストラナガン)

(オーバーリアクションで両手を大きく広げ、フルフルと首を振る)

悔しいです。次は勝ちたいですね。

まさに、プロサッカー選手さながらに悔しがる二人(特に、新垣氏)。

次戦での雪辱を誓いつつも、のほほんと、出店の焼きそばや、唐揚げを頬張りながら、次戦の出番を待つ。

合間に、「遊び人」チームと、「守谷市役所」チームという、大会屈指の好カードを挟みながら(結果は、守谷市役所の勝利。公務員さん強し)、一時間半後。

リーグ突破か、リーグ敗退かが決まる「運命の試合」のキックオフ。

試合直前

沼田 和哲沼田 和哲(デルタ)

次は、絶対、勝ちますよ〜! 

新垣 M 健晴(アストラナガン)新垣 M 健晴(アストラナガン)

沼田パイセン。ボクも頑張ります!

2戦目。これに負けたら次はない。例によって、モニターの画面が見えないので、文字ダイジェストでお送りします。

前半戦

キックオフ!

おお!? さっきと違い。勢いのあるEWORKSチーム!

命令は、まさに「ガンガンいこうぜ!」。プレイする二人も前のめりになりながら、懸命にボールを追いかける!

だが、おっと・・・? しかし、これは、どうしたことか。新垣氏の操作するプレイヤーが、まったく走っていない・・・!?

どうした! 新垣氏? なぜ走らない! もう、お前は走るのをやめてしまったのか・・・?

そんな状況を余所に、明らかにサッカー経験者と思われる相手チームの猛攻。

右へ、左へ翻弄される、沼田パイセンと新垣氏。

沼田パイセン必死に走る・・・! 新垣氏、トコトコ歩く・・・!

どうした! 新垣氏!? なぜ走らない! もう、お前は走るのをやめてしまったのか・・・?

実況のジョンカビラの高らかな叫び声。北澤氏の冷静な解説・・・。

前半終了・・・。3対0・・・。

・・・絶望的な状況。

・・・いや。・・・違う!? 

首を傾げながらコントローラーを確認する新垣氏。

そして、合点がいったように、コクコクと頷く。その目には、光が・・・戻っている。

死んでいない。

彼らは、まだ死んでいない・・・!

光を取り戻した二人。

そして、後半戦のキックオフ!

後半戦

新垣氏の操作するプレイヤーが・・・走った!! 強烈なチャージで相手からボールを奪う。

「いつまでも、いいようにやられるかよ!」と、ばかりに躍動する新垣氏の操作プレイヤー。

どうやら、直前の試合のプレイヤーが、操作ボタンを変更していたようだ!

「ダッシュボタンは「R2」だったようだな。それに気づけばこっちのもんだぜ?」と、凄まじい機動力を発揮する新垣氏。

奇しくも前半に体力を温存する形となり、体力は十分! 前半の鬱憤を晴らすがごとく意気揚々とボールを追いかけ・・・るのも、つかの間。

実況のジョンカビラの高らかな叫び声。北澤氏の冷静な解説・・・。

・・・あっさりと2点を、もぎとられる。これで、5対0・・・。

・・・。結局、こうなるのね・・・と、絶望状況のカイジばりに白黒になる沼田パイセンと、新垣氏。

もう・・・終わりだ・・・。

だって、オレたち、サッカー経験者じゃないんだもの・・・。

そんなオレたちに、サッカーゲームは無謀だったんだって・・・。

・・・だが、ドラマは待っていた。

一際甲高く発せられる実況のジョンカビラの叫び。そして、若干、熱を帯びた錯覚すら覚える北澤氏の解説・・・。

どうせ、また点を取られたんだろ? と、誰もが相手チームの得点を疑わなかった、・・・その時!

奇跡は怒った。

EWORKSチームのゴーーーーーーーールッ!!!

会場中の全員が耳を疑う。

・・・!? 何が起きたんだ? 

現実。今まで、練習でも点も取ったことがなかった初心者の二人が、この土壇場。しかも、強敵相手に初ゴールをゲット・・・!

いける! ・・・オレたちは、まだいけるぞ・・・!!

不死鳥のごとく、息を吹き返した、沼田パイセンと、新垣氏・・・! 

彼らの姿は黄金に輝いており(の、ように見えた)、その顔は、歴戦の勇者のような自信と強さに満ち溢れている・・・!

そして、再びキックオフ・・・!

瞬間、実況のジョンカビラの高らかな叫び声。北澤氏の冷静な解説・・・。

・・・あっさりと追加点を奪われ、そして、試合終了・・・。

結果、6対1で敗退。

でっちの方は、3対1で、見事、勝利。

総合チームスコアは、7対4。EWORKSチームは、あっけなくグループリーグ敗退が決定。

試合終了後

沼田 和哲沼田 和哲(デルタ)

いや〜。負けちゃったね〜。でも、一点取ったからね〜。 あ、でもさ。どっちが点を取ったんだっけ?

新垣 M 健晴(アストラナガン)新垣 M 健晴(アストラナガン)

いや・・・覚えてないですね〜。沼田パイセンでしたっけ?

沼田 和哲沼田 和哲(デルタ)

いや・・・オレだったっけな〜? スルーパス出して・・・。あれ、スルーパス出したのって、新垣氏だったっけ?

新垣 M 健晴(アストラナガン)新垣 M 健晴(アストラナガン)

いや・・・覚えてないです。どっちだったんですかね〜。まあ、それはいいとして、腹減ったんで、牛丼でも食って帰りますか(^ω^)

まったく悔しがってないどころか、どっちが点を取ったのかすら覚えていない二人。

その後、牛丼を、たらふく食い、帰宅の途について、ぐっすり眠ったそうな。

大物の風格すら漂う、沼田パイセンと新垣氏。

彼らの挑戦は、まだ始まったばかりだ。

次章に続く

今回も、お読みいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!


EWORKS株式会社eスポーツ部
「沼田 和哲(デルタ)」

Twitter
沼田 和哲のTwitter

Facebook
沼田 和哲のFacebookページ


EWORKS株式会社eスポーツ部
「新垣 M 健晴(アストラナガン)」

Facebook
新垣 M 健晴のFacebookページ